塾に通うなら個別指導法?それとも集団指導法?おすすめの塾の選び方【Learning Center】

集中した勉強法

奈良の難関校を受験する子供を抱えている人は、勉強により打ち込んでもらえるように塾に通わせる人が多いです。塾選びも重要で、塾がどんな形式で勉強を教えているのかは注目するべき点でしょう。多くの塾はたくさんの生徒に対して一人の講師が勉強を教えていますが、塾によっては一対一で指導を行ってくれる所もあります。個別指導は講師一人に対して一人なので質問がしやすく講師もその子にじっくり勉強を教える事ができます。なので、より質の高い勉強を望んでいる人は個別指導がおすすめです。塾ではどの学年まで指導を行っているのでしょうか?学年によって、行うことも変わってくるので塾へ入るときの参考に覚えておきましょう。

塾講師が指導を行う学年

  • 小学生(学校の授業の復習などが主)
  • 中学生受験(学校の勉強の他に志望校への受験対策を行う)
  • 中学生(学校の授業の復習予習をしていく)
  • 高校生(受験対策も視野に入れた学習を行う)
  • 大学受験(志望大学合格を目指して試験対策を行う)

塾に入るメリット

授業

塾に通う為にはお金がかかりますが、メリットも存在します。学校では授業日数や勉強範囲が決まっているので分からない所があっても気軽に質問する事がしにくく自分のペースで勉強する事ができません。しかし塾の場合は、生徒一人一人に合わせた勉強を行ってくれるので教わったことが身に付きやすいです。また、学校で教わった内容をもう一度復習できたり、先に習ったりしておく事で苦手な所も克服する事ができます。分からなかった所が理解できるようになるので、学校の授業も遅れずに学習する事ができます。他にも受験シーズンが近づくと試験の対策を行ってくれます。講師の人達が過去の問題から出題しやすい問題をリサーチして重点的に指導をしたり対策を練ってくれるので、合格へ向けての指導を行ってくれます。

子供に合った塾を選ぼう

教師

塾を選ぶ時、自宅から近い場所や料金が安いからという理由で決めてはいませんか?塾を選ぶ時大切なポイントは、自分の子供の性格と勉強ペースに合う塾を選んであげる事が大切です。例えば数十名程の人数の指導法である集団形式の場合、まわりの子とテストの点数を競う事が好きな子供には向けていますが、逆に自分のペースで勉強を進めたいという子供には向きません。そんな子供には、講師と勉強ペースを決めながら勉強を進められる個別指導形式が向いています。ですから、じっくり勉強ができる個別指導塾を奈良などで探してみるといいでしょう。勉強に遅れを感じて焦る心配もなく、わからないところもそのままにすることを避けられます。

塾に通い始める年齢

女性たち

塾に通い始める年齢は子供によって違います。どのくらいの時期から通い始めているのでしょうか?一番早い子では幼稚園生から塾に通い始めているという子もいます。この年齢の子は勉強というよりは、スポーツやピアノのような学校関係以外の内容の塾に通っている子が多いです。ですが、割合としてはそんなに多くありません。小学生に入り高学年になってくると塾に通う子供が60%前後に増えます。さらに中学生に入ると三年生までには80%前後に増えていきます。